トップページ > 満期までそのままという人も少なくはありません

死亡保険に加入すると、満期までそのままという人も少なくはありませんが、加入後は定期的に見直しをしたほうがいいはずです。 定期的というのは、人によりますが、一番効率がいいのはライフスタイルが変わった時です。例えば子供が産まれた、妻が仕事を辞めたなど、いろいろありますが、このような時こそ見直しの時期なのです。 死亡保険に加入した時に必要保障額について考えたはずですが、必要保障額は時間が経過するとともに少しづつ変化するのです。 一般的には、子供が誕生すると必要保障額は上昇します。それ以降は年々減少していくようになっています。これを死亡保険を加入してからそのまま放置しておくことは、家計の無駄遣いです。 必要保障額は下がっているのに、そのまま保険料を支払うなら、その分の保険料は預貯金で運用するなどして活用することもできるのです。 ここで注意ですが、必要保障額が下がっているからと解約や減額することを勧めているわけではなく、見直すことが大切なのです。

グッドな情報源