トップページ > 色々な種類のネット銀行

「銀行って言っても、色々なトコロがあるよね?三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、農協の銀行など。それぞれ違いがあるけれど、ネットバンクとはどう違うの?」


ここで簡単に銀行の営業形態で銀行口座をちょっと分けて考えてみます。まず1つ目が普通の銀行、つまり店舗があって窓口で相談できたり、振込みしたり、預金したり、住宅ローンの相談なんかもしたりする銀行の口座。

そして2つ目が、普通の銀行なんだけど、インターネットで振込みや残高紹介ができる銀行口座。もちろん窓口に行けば相談もできるし、そこは一般の銀行と同じ。これはインターネットバンキングサービスで窓口で口座を作ってネットでも利用できるタイプの口座。

次に3つ目が普通の銀行なんだけど、インターネット限定の支店口座。普通に店舗も持っていて、通常の銀行と変わらないが、ネットで口座開設できて窓口を持たないネット上の支店口座。

最後がネット専業と言われるもの、つまりネットバンクです。実際に店舗を持たず、店舗維持費や人件費が掛からない為に金利・手数料がお得で、特有のサービスを持っているのが特徴。ネットで口座開設が可能で、銀行通帳もないタイプの口座。

ネットバンクとひと括りにしてみても、細かく分けると以上のタイプが口座で見た銀行の種類です。


一般的な窓口銀行の口座にネット口座がついたインターネットバンキングサービスは、最近はどこの銀行でも用意されています。メリットはネット専業系口座と同様に窓口に行かなくても振り込みや残高照会ができるという事。

他にもインターネットバンキングサービス限定で振込手数料がお得だったり、定期預金の金利を窓口金利から上乗せしたりする場合もあったりします。

じゃぁ今持っている銀行のインターネットバンキングでいいや・・・・というのは、早計です。なにせお得とは言っても、あくまでその銀行の窓口と比較した場合の話です。

ネット専業系やインターネット支店を持つ銀行の金利や手数料に比べれば、比較にならない場合がほとんどなのです。

どの程度の違いがあるのか?は別項で紹介しますが、インターネットバンキングサービスで満足しない方が良いと言えるだけの違いはあります。

使い方によって年間で銀行に支払っている手数料に個人差がありますが、それぞれの使い方に応じて最適な銀行を選べば手数料だけでも、年間数千円。

定期預金なら数万円の違いが出る場合もあります。

今使っている銀行の手数料や金利を比較して十分に検討してみましょう。