トップページ > ネットバンクって大丈夫?

「ネットバンクには実際の店舗がないから不安・・・本当に大丈夫なの?」

ネットバンクには店舗がなく、イキナリ口座が消えてしまうのではないか?といった心配は実は私自身もよく分かります。事実ネットバンクだけとは言いませんが、口座IDを盗まれて口座内の現金をどこかに振り込まれたり悪用されたりするケースも実際にあります。

確かにこういったケースには用心する必要がありますが、それは普通の銀行でも同じ。家や車に置いてあった通帳と印鑑を盗まれてしまえば、同様に現金は引き出されてしまいます。

中にはATM利用時に後ろから暗証番号を盗み見て、後から自宅に侵入→カードから現金を引き出される・・・といった事件もあるくらいです。基本的に入出金以外はATMで残高照会や振り込みを行わないネットバンクの方がマシかもしれません。

一点、違う事はネットを使った大事なIDやパスワードについては、通帳や印鑑ほどの警戒心がない事です。漫画喫茶で気軽にログインしたり、パスワードを記憶させているパソコンを外部に持ち出したり、職場でログインしたりと、お手軽な分だけ気持ちが緩んでしまう事が一番の問題です。

ログインするパソコンを固定して、各種ウィルス対策も入れて、定期的に分かりにくいパスワードに変えていけば、悪用時の補償もありますしネットバンクだから怖い・・・という事はありません。


文頭にあるような「ある日、預金口座がなくなる」なんて心配ももちろんありません。預金データが消えるのならそれは普通の銀行でも起こりえる事ですし、預金はもちろん預金保険制度で1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1000万円までと利息分が保護されます。

ほんんどいないとは思いますが、1金融機関に1000万円以上預ける方がよほど危険です。

銀行も一般的な企業と同様で、大手だから安心という時代でもありませんから、信頼性で選ぶとしてもイメージで銀行を選ぶよりは、実質的な経営状態で選ぶ方が良いと思います。

ネットバンクとは言っても、ほとんどが大手企業の資本が入った銀行で、収益も良好ですから倒産リスクは一般的な銀行よりも低いぐらいです。

グッドな情報源