トップページ > 個人事業でネット銀行を使う

「ネットショップやオークションなどで個人事業を営んでいるのですが、そういった場合に個人事業でも事業名義で口座を持つことはできますか?」

ネットショップやオークションなどで顧客の方から入金して頂く際に【個人名】ではちょっと・・・・・といった場合など、個人事業主の方が法人名義の口座を持ちたい場合もあると思います。

法人の場合は普通に銀行で口座を持つにはたくさんの書類が必要になって結構面倒ですよね。ネットバンクの場合は株式会社など登記している場合は、どのネットバンクでも口座を持つ事が可能です。

ただ個人事業の場合には、限られてきます。最も手続きや口座を持つための条件が軽いのは「イーバンク銀行」で、個人事業主用口座があります。次に「ジャパンネット銀行」で、こちらは関連するショッピングサイトに登録していると手続きが楽になるものやネットショッピング決済サービスが充実しています。


他にもアルバイトや従業員の給与の振り込みや、顧客へのキャッシュバックなどの送金、仕入れ、外注などネットバンクを利用する事で手数料を抑えることも可能です。

振込み先登録も法人口座であればかなりの数を設定できますし、毎月予約なども行う事が可能です。

もしネットバンクで不便があるとすれば入出金作業です。小売業で実際にお金の入出金が毎日伴うような事業を営まれている場合には不便かもしれません。

ネットバンクは入出金がATMなので、小銭の入金をコンビニで・・・・という訳にも行きませんから、ネットバンクはネットショップの様なウェブ販売を行っている企業・事業向きと言えます。

ウェブで販売する場合は対象が全国となるので、振込み等では送料以外に手数料も発生しやすくなり顧客にとっても事業主にとっても不利益です。

ですが、ネットショッピングする方の多くはネットバンク口座を持っている場合も多く、同様のネットバンク口座を設定しておく事で手数料も掛からず、顧客・事業主の双方にメリットがあります。
 
ウェブ上で販売などを行っている事業主の方にとっては、非常にメリットがあるので「ネットバンクにはどんな法人向けサービスがあるのか?」もチェックしてみて下さいね。