トップページ > 公営ギャンブルで活用

「ちょっとした土日の空き時間にテレビ見ながら投票したいのだが・・」

公営競技といえば、現地まで行くか投票券販売所まで足を運ぶのが一般的ですよね。交通費もかかるし、時間も取られるから自宅で出来れば良いのに・・・・と思う事も多いでしょう。

ネットバンクでは直接投票権を販売していませんが、提携サービスで楽にインターネット投票サービスに申し込むことが出来ます。


段取りとしては「ネットバンク口座にログイン」→「公営競技サービス申込み」→「投票開始」となります。ネットバンクなのでリアルタイム入金に対応していて、競技間のインターバル中に入金すればすぐに反映されます。

払い戻し金も次回レースに間に合うように反映されるので、実際に販売所で購入して換金するよりもはるかにラクです。並ばなくても良いですしね。


実際にはテレビを見ながらの投票になりますが、テレビで放映していないレースの投票など結構情報面で困ったりするかも知れませんが、それぞれの公営競技では有料ですがウェブでストリーミング番組を放映していたり、各種情報や予想、オッズなども見る事ができるサービスがあるので、これらを利用すれば更に便利になります。

投票時も画面を変えてクリックすれば総額も出て、複数注文するなら実際に販売所で購入するより手間が少なくて助かります。

投票時はいったん資金を各公営競技の口座に入金する事になるのですが、1日が終わると放っておいてもネットバンク口座に資金は戻るようになっているので、そういった面でもラクですよ。

 

グッドな情報源