トップページ > 株やFX取引の入出金に

「持っている証券口座で提携のネットバンクなら入出金が便利と書いてありましたが・・・」

リアルタイムのトレードが主体のデイトレードが人気になって、個人でも証券口座への入出金をする機会が多くなっているそうです。

株やFXなど、取引するには専用の口座に資金を入金する必要があって、それは取り引きする業者によって三井住友銀行だったり三菱東京UFJだったりする訳ですが、そこへの入金に提携する銀行のインターネットバンキングサービスやネットバンクを利用すると素早い証券口座への反映が可能です。

「今すぐ取引したい!でも口座内の資金が足りない・・・」こんな場合にリアルタイム入出金サービスがあると、手続きして数秒で反映されるので、非常に手軽です。

そして個人トレードで怖い取引先のサーバーダウンなどのエラー時にも他の業者へ入金して取引する事で損害を抑える事が出来るようになります。


多くの代表的なネットバンクが対応していますが、証券会社、業者によってリアルタイム入出金に対応しているかどうか?、また提携しているかどうか?を確認する必要があります。

最も多いのが、都市銀行系のインターネットバンキングサービスで次に住信SBIネット銀行やイーバンク、ジャパンネット銀行、新生銀行などが対応しています。

取引する業者が決まったら、対応するネットバンクを探して口座開設して置けば、後々でいろいろ便利だと思いますよ。
 

グッドな情報源