トップページ > ビジネス用ネットバンク口座のサービスを比較

「バリバリのビジネス向けに使うとしたら、どのネットバンクがいいですか?具体的な数字とかで比較検討してみたいんだけどムリかな?」

屋号や法人名義で口座開設可能なネットバンク3社を、手数料や
サービスなどから、解り易くまとめます。

細かなプランやサービスは個別ページでも簡単に紹介しています
が、幅広いサービスがあるので、詳しい内容は各ネットバンクの
WEBサイトで確認してみましょう。

法人口座 振込サービス

『法人口座 振込み手数料』
銀行名 同行宛て
3万円未満
同行宛て
3万円以上
他行宛て
3万円未満
他行宛て
3万円以上
住信SBIネット銀行 50円 50円 160 円 250 円
イーバンク銀行
個人ビジネス口座
0円 0円 160円 250円
イーバンク銀行
法人口座
50円 50円 160円 250円
ジャパンネット銀行 52円 52円 168円 262円


振込手数料に関しては個人口座と違って、同行間での振込でも
手数料がかかるようになっています。

しかしながら他行宛の手数料を一般的な都市銀行と比較すると、
かなり有利な手数料体系になっていますので、十分なメリット
があります。

また唯一、イーバンク銀行の個人ビジネス口座のみ、個人口座
と同様で同行間手数料無料になっています。

『法人口座 総合振込サービス』
銀行名 サービス 振込予約 登録件数 利用料
住信SBIネット銀行 あり 可能 2万件 3150 円/月
イーバンク銀行
個人ビジネス口座
あり 可能 3000件 初期費用
イーバンク銀行
法人口座
あり 可能 3000件 初期費用
ジャパンネット銀行 なし - - -
『法人口座 通常振込サービス』
銀行名 自動振込 振込予約 振込件数 上限金額
住信SBIネット銀行 あり 可能 10件/1回 1000万円/日
イーバンク銀行
個人ビジネス口座
あり 可能 30件/1回 3000万円/1件
イーバンク銀行
法人口座
あり 可能 30件/1回 3000万円/1件
ジャパンネット銀行 なし 可能 999件 1億円/日


総合振込サービスは、有料の大量一括振込みサービスのことなの
ですが、ジャパンネット銀行ではこのサービスがありません。

振込サービスのついては、イーバンク銀行で有料の振込サービス
などのオプションが豊富に揃っていますが、コストも掛かります。

無料の振込機能としては、毎月の定額振込を自動で行ってくれる
自動振込みがない代わりに、登録件数が多く、振込先を20種類の
グループに分けられるジャパンネット銀行が優秀です。

また殆どの振込上限額は、自分で設定金額を引き上げないと上記
の金額までの利用が出来ないので注意が必要です。

法人口座 ATMサービス

『法人口座 対応ATM』
銀行名 郵貯 セブン
銀行
E-net ローソン @B∧NK 都市
銀行
住信SBIネット銀行
イーバンク銀行
個人ビジネス口座
イーバンク銀行
法人口座
ジャパンネット銀行

入出金の手数料はジャパンネット銀行が157〜262に円となって
いますが、入金は5万円以上なら一律0円、ゆうちょ銀行のATM
を利用する場合は通常、262円で夜間367円になっています。

ジャパンネット銀行において、ゆうちょ銀行以外のATMから5万
円未満の入金なら157円。更に月間1回の無料入金回数も付いて います。

またジャパンネット銀行の出金に関しても、ゆうちょ銀行以外
の場合は157円の手数料ですが、口座の利用状況で無料回数が
設定されていますので、こちらもお得です。

振込手数料やATMの利便性などを考えると、条件的には圧倒的
にジャパンネット銀行がお得です。

但し振込先にイーバンク銀行が圧倒的に多い場合や、メルマネ
などのイーバンク独自のサービスを利用したい場合など、利用
する状況によってベストな選択が変わってきますので、内容を
しっかりと確認する必要があります。