トップページ > イーバンク銀行の個人ビジネス・法人口座について

「仕事で使うネットバンク口座として、イーバンク銀行を使いたいから、イーバンク銀行の個人ビジネス・法人口座について教えてください。」

イーバンクの法人口座は「個人ビジネス口座」と「法人口座」の
2つの口座に分かれています。

どちらかどう違うのか、これからご紹介していきます。

個人ビジネス口座の場合は「屋号」での口座を持ちたい個人事業
主の方を対象としており、必要な書類も「個人事業開業届」でOK
です。但し最初に個人の口座を開設することが条件です。

イーバンク銀行 法人ビジネス口座


法人口座の場合は、法人が対象になっていますので、口座開設に
「登記簿謄本」などが必要になってきます。


他にも手数料の面や、利用可能なATM、有料の送金サービスなど
で若干の違いがあります。


まず個人ビジネス口座ですが、法人口座よりも個人口座に近く、
同行間の振込み手数料が無料のままなのがメリットです。

手続きも個人の口座を開設した後に、開業届と申し込みをする
だけで屋号での口座開設が完了するので、かなりお手軽です。

ただ個人口座とは違って、使えるATMはゆうちょ銀行とセブン
銀行のみとなっています。

またキャッシュカードも、発行には手数料が必要です。


便利な機能では、振込みには毎月決まった口座に定額を振り込
んでくれる自動振込機能が便利です。

大量の送金に対する機能も、有料サービスにはなってしまいま
すが、イーバンク独自のサービスが豊富に揃っています。

イーバンク銀行 法人ビジネス口座


法人口座は、個人ビジネス口座よりも更にオプションが充実し
ており、イーバンク銀行を使っている顧客を多く抱えているの
であれば、迷わず選びたい口座です。

但し入出金がゆうちょ銀行のATMのみであることや、入出金手
数料などの面で、いくつかのマイナス面がありますので、それ
らには注意が必要です。

メルマネや、その他の有料サービスについては、あまりに多彩
で豊富なため、ここでは紹介しきれませんので、詳しい内容に
関してはイーバンク銀行のWEBサイトを確認してみてください。

イーバンク銀行 法人ビジネス口座

グッドな情報源